ペット可物件を探すときの注意点

可愛いワンちゃんやネコちゃんと暮らせるペット可物件。最近のペットブームを受けて以前に比べて増えてきています。
しかし絶対数としては、まだまだ少ないのが現状です。家族の一員であるペットと楽しい生活を送るためにも、ポイントをおさえて、お気に入りのお部屋を探しましょう♪

ペット可物件が少ない理由

なぜペット可賃貸は少ないのでしょうか。

・ペットを飼うにはこんな問題が????    
ペットを巡るトラブルが起きる可能性があるから

ペットを飼うことで部屋が汚れるかもしれないから
ペット可賃貸にすることで次の入居者需要が減るリスクがあるから

以上のように、通常の生活では起こりえない様々な問題がペットを飼うことで起こる可能性があります。そのため、需要が高いことは分かっていてもペット可賃貸にはなかなか踏み切れないという現状があるのです。

ペット可物件の種類

ペット可物件は、大きく次の2つのタイプにわけられます。
 
・そもそもペットと住むことを前提として作られた賃貸物件
ペット専用の洗い場や
入り口など、ペット専用の設備が設置されていることがあり、飼い主様にとっては安心してペットと暮らせる条件が整っています。ペットと暮らすことを目的とした人が入居するため、ペットに対する理解は大きいのでペットの鳴き声などのトラブルになる可能性は低いといえます。ただし、家賃相場が一般の賃貸物件に比べると高いことが多いです。


・途中から「ペット飼育可」として契約に条件を付加した賃貸物件
ペットブームの影響を受け、入居者確保のために途中からペット可としていたり、大家さんの好意によりペット可となっている物件です。コストパフォーマンスが高いかもしれませんが、ペットを飼っていない住民の方との共生が重要となります。中には動物が苦手な方もいると思います。近隣の方とのトラブルにならないための配慮と注意が必要です。
   
   

ペット可物件は、上記のいずれかの特徴に当てはまることが多いです。また、ペット可物件を借りるときは通常よりも多くの資金を準備する必要があります。ペット可物件はペットによる損傷リスクが高いため、敷金を高く設定していることが多いからです。こういった条件面や物件による特徴をよく理解してお部屋探しをしましょう。

ペット可物件特集