ネコちゃんのしつけとマナーについて

ペット可物件でも飼っても良いのはワンちゃんだけという場合が多く、なかなか許可が出なかったネコちゃんとの同居。しかし最近ではネコちゃんも飼って良い物件は増えてきましたし、ネコちゃん専用の物件も出てきました。しかし、せっかくネコちゃんと生活できる様になっても、トラブルになってしまっては意味がありませんね。ネコちゃんを飼うときに起こりがちなトラブルを理解して、事前に対策を取ってトラブルを未然に防ぎましょう。

爪とぎ対策

ネコちゃんを飼っている方の多くが爪とぎに悩まされているのではないでしょうか。シーツや家具はボロボロになりますし、何より室内の壁や床を傷つける恐れがあります。そうなると退去時に高額な修繕費がかかることがあります。また、爪とぎの音は壁を通して騒音となってしまいます。しかし、爪とぎはネコちゃんの本能なのでやめさせる事は困難です。やめさせるのではなく、ネコちゃんが爪をといでも良い場所を作ってあげましょう。無理やりやめさせてネコちゃんにストレスを与えない様にする工夫が必要です。


・お気に入りの爪とぎを用意する
ネコちゃんは家をボロボロにしようとしている訳ではありません。爪とぎ自体が目的です。爪とぎよりも壁や家具の方が爪が研ぎやすければ、そちらに爪をたてます。ネコちゃんが気に入る爪とぎが見つかるまでいろいろ試してあげてください。また、子ネコの内から飼う方は、爪とぎの場所まで連れて行って両手を持って「カキカキ」して覚えさせてあげるのもいいでしょう。

・壁を守るシートを利用する
ネコちゃんは同じ場所で爪とぎしたがる傾向にあります。その場所が賃貸物件の壁だったりすると、困ってしまいますよね。そういう時は、壁にツルツルのシートを貼れば爪が引っかからなくなるので爪とぎしたがらなくなります。簡単に張替えられるものも市販されているので、こうした対策グッズをうまく利用しましょう。

・障害物を置く
ネコちゃんが家具で爪とぎをしてしまう場合は、家具の前にマガジンラックや観葉植物などの障害物を置いてみましょう。ネコちゃんは爪とぎをする時にはある程度のスペースを必要とするのでそうした障害物を置けば爪とぎを防止することができます。しかし、観葉植物を置く際は「アサガオ」や「すずらん」、「ポインセチア」などの有害物質を含んだ物は置かない様に気を付けましょう。

・爪とぎ防止スプレー
ネコちゃんは柑橘系や酢、ココナッツの臭いを嫌がるので、これらの成分が含まれているものを使用すると効果が見られます。ただし、臭いに慣れてしまうと再び爪とぎを始めてしまうネコちゃんもいるので、嫌がっているうちに次の爪とぎ場を準備してあげましょう。

・定期的な爪切り
基本的な対策となりますが、家具や壁へのダメージは劇的に軽減できるので、効果的です。爪を切られるのを嫌がるネコちゃんもいるかと思いますが、一度に全部の爪を切るのではなく、少しずつ切って爪切りに慣れさせてあげてください。

・ネイルキャップ
猫の爪に爪の形に造られたシリコン状のゴムを接着剤を使って爪にはめ込むので、爪をといでも傷がつきません。月1回程度で交換が必要です。手を触ってもおとなしくしているネコちゃんには向いています。

騒音対策

ネコちゃんは発情期になると大きな鳴き声を出しますが、残念ながらこれもしつけで直すことはできません。これを防ぐため、賃貸物件に住む場合は不妊や去勢手術が必要になるかもしれません。鳴き声以外にも高いところが大好きなネコちゃんが床に着地した時の音は、階下で生活する人にとっては、不快な音となります。フローリングにマットを引くなどして対応しましょう。マットを引くことで爪による傷もつきにくくなるので一石二鳥です。

臭い対策

ネコちゃんは水分をあまり摂取しないので、他の動物に比べてもおしっこが濃くなり臭いが気になるのです。なのでトイレはいつもキレイに掃除してください。臭いがこもると隣の部屋にも漏れてしまうことがあります。臭いが漏れないようにフード付きのトイレに代えたり、消臭効果の高いネコ砂に代えたりして工夫してみてください。おしっこ自体の臭いを軽減させるために常に綺麗なお水を与えてあげて水分をたくさん摂取させてあげるのも効果的です。



『大変そうだなぁ』と思うかもしれませんが、それ以上にネコちゃんとの暮らしはあなたに喜びを与えてくれると思います。

ネコちゃんと楽しく生活していくためにも、大事なネコちゃんがトラブルの元にならないよう、飼い主様が気を付けてあげてくださいね。

ペット可物件特集